上野・愛玉子 チークリームあんみつ(600円)

 

Pocket
LINEで送る

130923-04.jpg

ナポリタンを食べた後、足は自然と上野方面に向いていました。
この界隈に来たら、やっぱりここは外せないからです。

レモンイエローの看板に、強く描かれた愛玉子の文字。
店頭のガラスケースに飾られた、原料の姿も以前のまま。

以前と違いを探すのが難しいほど、
というより違いが見当たらないのですが、
しいていえば、このお店の周辺環境が変わった。
といった感じでしょうか。 

メニューを見ると、基本のオーギョーチーに加えて、
アイスがトッピングされたチークリーム、
赤ワインが入ったチーワイン、
そして、チークリームあんみつ。

悩んだ末の結論は、チークリームあんみつ。
初めての注文です。 

130923-03.jpg

レモン味の蜜が注がれた定番と違い、
バニラアイスとあんこがトッピングされ、
そこに黒みつが注がれた姿。

定番が台湾屋台を象徴する味だとすれば、
こちらは日本向けにローカライズされた味といったところでしょうか。

一口食べれば、フルフルと寒天とゼラチンの間に立つような独特の食感。
しなやかな弾力に黒みつがしっかりと絡んでいます。

で、あんこやバニラアイスを崩して絡めて二口目。
濃厚な甘さが歩き疲れた身体に染み渡ります。

最後まで食べた印象として、爽やかさが欲しいときは定番を、
スイーツ要素の高い食後感を味わいたいならこれを。

散歩のテンションに合わせて選べるのが、
嬉しいところです。 

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。