池袋・開楽 麻婆豆腐定食+ジャンボ餃子(800+220円)

 

Pocket
LINEで送る

開楽-01

池袋に煮干しの香りがやってきた数日目のこと、
店頭の行列と持ち時間の無さもあって、この日は煮干しとの対面を断念。

でも、気分は中華料理だったので界隈をウロウロと。
で、ドン・キホーテの脇の道を池袋駅に向かって歩くと、
ジャンボ餃子の幟を見つけました。

巨大な開の文字は、ウェルカムの証。
と、勝手に解釈してから店内に入り、
麻婆豆腐定食にジャンボ餃子の組み合わせを注文しました。

 

開楽-02

大皿に敷き詰められた麻婆豆腐。
豆豉ゴロゴロの餡に絡まった豆腐でレンゲを埋め尽くす、
これも麻婆の醍醐味。

家庭的な味ゆえ、ご飯の減るスピードは加速しっぱなし。
でも、一方で1リットルのアイスをスプーンで直接食べたい感覚と同じで、
ご飯なしで豆腐だけを思う存分。
どっちの気分にもぴったりです。 

開楽-03

そして、10分かけて丁寧に焼かれたジャンボ餃子の出番です。

定食がなく単品で頼む場合には、餃子は3個から。
でも、このサイズなら2個で他のお店の5個分のボリューム。

銀座の天龍のボリューム感と違って、皮が厚めでモチモチ食感。
茶色に焼かれたベールに包まれた肉汁とニンニクの香りが、
欲していたマインドを満たしてくれます。

そんな感じに食べていると、自分と同じような流れでしょうか、
次から次へとお客さんが入ってきます。
しばらく、池袋東口界隈は煮干しと餃子で、
中華モードの人が増えること確実です。 

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。