青森県八戸市・わが家 角打ち

 

Pocket
LINEで送る

わが家-01

思えば、約1年半ぶりの八戸。
中心街では新しいビルの工事が進み、町中の横丁にはネオンが輝く。

そんな街の中心にあるのは、みろく横丁。
おんで市とやんせ市、二つの通りに色々なお店がある中で、
やっぱり自分はここに吸い寄せられます。

131009 01

お通しはイカの煮物とポテトサラダ。
イカどころの八戸を象徴する品に加えて、
日替わりメニューから最初に選んだサメなます。

酢みそに絡まったサメ肉のプルンとした歯触りと、
ぱちんと弾けるような旨味。

131009 02

次は、自家製のしめサバ。
舌の温度でしっとりした脂が溶けると、
口の中はもう太平洋です。 

131009 03

となれば、地酒の出番です。
グラスになみなみと注がれた陸奥八仙、
コースター代わりに支えるのは南部せんべい。

あふれ出た透明な液体を吸ったせんべいは、
酔いが回るにつれて少しずつ柔らかくなり、
くにゅっという歯触りと鼻腔を通る爽やかな香りが、
開放的な気分に誘います。 

131009 04

そして、締めはせんべい汁。

春の弘前公園を囲む桜筏のように表面に泳ぐ菊の花は、
鮮やかな色が食欲を彩ります。 

あっさりと、でも力強い鶏出汁の旨味に、
シコシコもちもちと、アルデンテの食感に変化した南部煎餅。
野菜の味と香りが染み込んだおつゆが、
身体を芯から温めてくれます。 

わが家のあるみろく横丁は、
定期的にお店が入れ替わり、敷地内で場所も少しずつ移動しています。
で、今は二つの市と横に伸びる花小路が交差する角に。
楽しく美味しい角打ちは、八戸の醍醐味です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。