青森県八戸市・おかげさん 八戸のおかげです。

 

Pocket
LINEで送る

131009 09

わが家を出てから徒歩5分、
まるで出勤するかのような字面でたどり着いたのは、
緑色の看板が目を惹くこのお店。

前に八戸を訪れた際、とあるせんべい汁関係者に、
「ここのP.Mイカがいいんだよ!」と、ご紹介いただきつつ、
別のお店に行ってしまったという、ある種の縁があるお店なんです。 

ガラガラと引き戸の音を立てて、
カウンターに座るとおねえさまが出迎えてくれます。
この日は10月にしては少し気温が高目。
なので、手渡されたおしぼりの温度に優しさを覚えたものです。 

131009 06

お通しは茄子のお浸しとイカの煮付け、やっぱり登場です。
味が少ししっかり目で、ササゲも入った豪華版、 
これだけのボリュームでいただけると、
もうお通しという言葉は似合いません。 

131009 07

そして、念願だったP.M.イカ。

午後に捕れたばかりのイカを捌いたお刺身は、
色が違います、甘い香りが違います。
そして、菊が添えられているのも八戸スタイルです。

ワタとお醤油を混ぜたタレで食べれば、
しなやかな筋肉がコリッと音を奏で、
甘さがクリームのように溢れてきます。 

ミミと身を交互に食べ比べると、食感や甘さの違いを感じ、
イカを食べる楽しさを再確認。
これぞ水揚げ日本一の醍醐味!といった感じです。 

131009 08

そして、こちらもお店の名物料理、南部せんべいのピザ。

ナガイモのすり下ろし、海苔の佃煮、そしてイカの塩辛。
呑ん兵衛にも旅先で「ならでは」ものが食べたい自分にも、
たまらないトッピングです。

パリパリの生地とフワフワの食感、そんな変化が楽しいナガイモ。
チーズのコクと磯の香りが力強い海苔の佃煮。
そして、日本酒を招くイカの塩辛。
これはもう、最高のトリオです。

お店を後にする頃には、
身も心もフワフワになっていたのですが、
この楽しさはまさに店名のごとく、八戸のおかげです。 

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。