銀座・三州屋 カキフライ定食(1,300円)

 

Pocket
LINEで送る

131101-01.jpg
今シーズンの牡蠣解禁から1ヶ月。
三州屋に足を運べば、
店頭の暖簾にたどり着くまでの行列、
そして店内にひしめくカキフライの姿。
カウンターの一番端っこ、
お刺身用のお醤油がストックされている一角で、
2ヶ月目のカキフライ。
揚げたてじゅわりの旨さは、
カレンダー1枚分ボリュームが増して、
並んでる時に少し冷えた身体も、
心のテンションの高まりでポカポカに。
やっぱり、カキフライは心と身体のエネルギー源です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。