池袋・長尾 ごく煮干し

 

Pocket
LINEで送る

長尾-01

昨日の未明、和食が世界無形文化遺産に登録されました。

その中でクローズアップされていた要素の一つが「旨味」。
食べた瞬間に顔がほころぶ、いわば笑顔の源泉は、
昔から乾物によって得てきたものです。

そんな旨味をたっぷり得ることができるのが味噌汁。
一汁三菜の中にしっかり溶け込んでいます。
もちろん、その代表格と言えば煮干しです。

ということで、月に1度はやっぱり煮干しラーメン。
味噌汁ではないのですが、
遺伝子の記憶は優秀なタイミングで旨味アラームを鳴らしてくれます。 

長尾-02

注文したのはごく煮干し。
レンゲで最初の一口を掬って口に運べば、
極上の煮干しの旨味と動物性エキスのコク。

いつも、ここに来るとスープばかりが先に減ってしまい、
麺を啜るペースも歩調を合わせないといけません。

そう考えると、それは一汁三菜のお重に見られる要素でもあります。
主食たるごはんと味噌汁に漬物。
昔、農家の朝げ(朝食)はそういったものでした。
そこで先に味噌汁を飲んでしまうと…といった感じで。

麺料理はそれは一つの器に入ったものと考えれば、
旨味を”umami”として伝える重要なメッセンジャー。  

和食の中にあるumamiの進化系として、
この特長がもっと世界中に広がるためには、
一汁三菜のスタイルに捕らわれすぎると、
勿体ないのかもしれません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ボンド より:

    初めまして。青森在住のボンドと申します。
    何度か、ブログを拝見しています。
    飲み会やランチの場所探しに大変助かっております。
    当方もささやかですがブログをやっておりますが、ブックマークに登録させていただいてもよろしいでしょうか?
    何卒、よろしくお願いいたします。

  2. takapu より:

    【ボンドさま】
    遅れました、すいません・・・ぜひ、ブックマークにもご登録ください!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。