青森県青森市・王味 看板。

 

Pocket
LINEで送る

王味-01

OPUSが発売されてから、
山下達郎をよく聴くようになって、
こうなれば「ライブにも行きたい!」
となるものです。

で、何かの雑誌でご本人が答えていたのが、
「青森市文化会館の音響はいい。」

今は、ネーミングライツによって
リンクステーションホール青森
という名称になっていますが、
ライブの中でも文化会館の言葉は
ご本人の口からも幾度となく。

最高のアーティストと最高の音響。
そんな至福の3時間半を過ごした後は、
空腹を満たすことに。

会館から雪道を5分ほど歩けば、
王味の姿が見えて来ました。

入口近くのテーブル席は、
調理場が目の前にあるいわばアリーナ席。
待ち合わせていた青森の大切な友人と一緒に、
餃子を5皿、そしてレバニラを注文しました。

ちゅるんと滑らかな皮が舌に乗って、
少しずつニンニクの香りが口に広がるこの感覚。

香りの強さに対して、口の中が重たくなることはなく、
あっという間にお皿は空っぽ。
ほのかに残るニンニクの香りは、
おかわり2人前のアンコールを待つ拍手のようです。

王味-02

そして、レバニラ。
シャキッと引き締まったもやしとニラ、
弾力あるレバーと刻みニンニク。

入口のガラス戸越しの寒さを忘れて、
餃子2人前と一緒に一心不乱。

食後、外に出てお店の外観を見てみると、
以前の看板から綺麗なものに変わっていました。

そういえば、文化会館の正面にも、
リンクステーションホールの新しい看板が、
かけられていましたが、
建物に宿るものは看板の新しさに関係無く、
いつの時代も不変なんですよね。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。