青森県青森市・マロン モーニングセット(380円)

 

Pocket
LINEで送る

131215-01.jpg
青森の朝、身体に残るニンニク感をシャワーで流し、
朝食を食べに向かった先はお久しぶりのマロン。
窓際の席に座ってメニューを眺めれば、
モーニングの文字が目に止まります。
ハムやフランクフルトのオプションも付けられますが、
注文したのはブレンドにトースト、
そしてゆで卵の基本セット。
シンプルなセットが恋しい感じでした。
窓越しの雪は降っては止んでを繰り返し、
時に青空が顔を出す空模様。
お店にとっては日常の風景ですが、
久しぶりに見る自分にとってそれは風景画。
自然派の画家が描く作品を眺めつつ、温かいコーヒーを一口。
「プラス100円でトーストは厚切りに。」
なんて書いてありましたが、この厚さで十二分です。
パンの香りとコーヒーの香りに身を任せつつ、
ゆで卵に塩はかけずに二口で。
そういえば、家の朝食もパン率が少し高く、
トーストの時は大体こんな感じです。
カップの液体が空になったら、
次に眺める作品に思いを馳せつつ席を後に。
やっぱり、青森はこんな朝がいいんです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。