青森県弘前市・ひまわり コーヒーゼリーとパリジェンヌ

 

Pocket
LINEで送る

ひまわり-01
年を越すために、青森に戻ったのは去年の12月28日。
新青森駅のホームで冷たい空気に触れて、
北国モードの身体に戻し、
向かった先は弘前駅。
駅前のヒロロを上から下まで巡ったり、
行きつけのchicoriで洋服を眺めたり。
観光地というよりも、隣町に行くような感じで街中をブラブラと。
で、立ち寄ったのはひまわり。
奥に長いお店のソファーに腰掛けて、
メニューから選んだのは、コーヒーゼリーとパリジェンヌ。
岩木山に降り積もる雪のような、
白と黒のコントラストの効いたゼリーを眺めつつ、
パリジェンヌがこちらにやってくるのを待つことに。


ひまわり-02
赤いサクランボのアイキャッチから、
プリン、生クリーム、フルーツ。
そして、コーヒーゼリーとバニラアイスの層。
凛とした甘さのコーディネートに、
さっきまでの寒さを忘れてしまいます。
○○パフェではなくて、パリジェンヌ。
そんなネーミングが似合うのも、
弘前の粋なんでしょうね。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。