銀座・三州屋 カキフライ定食(1,300円)

 

Pocket
LINEで送る

三州屋-01
2014年のカレンダーを1枚めくる前に、
駆け込んだ先は三州屋。
いつものおばちゃんに空いてる一人席を探してもらって、
座りながら注文したのは、もちろんカキフライ定食。
同じテーブルのお客さんが食べているのは、
アジフライ定食にアジのタタキ定食。
遠目で見ただけなのに、ふんわりした食感が想像できたり、
しっとり乗った脂が、お店の照明を反射していたり。
鳥豆腐も加わってのカキフライ包囲網に、久しぶりに心揺らぎます。
でも、そんな高い壁を楽に飛び越えたのが、
今日のカキフライのコンディション。
9センチぐらいの大きさだったのですが、
とにかく太く、貝柱に厚みがあって、外套膜がしなやかで、
泉のように湧いてくるエキスが、何ともジューシー!!
箸でつまむと、こんなに重量感のあるカキフライは何年ぶりだろう?
という感じで、ご飯が進むというより、
とにかくカキフライが止まりません。
だからいつもより長めに噛んで、
磯の香りやミルクのコクと、とことんおつき合い。
5粒なのにまるで50粒食べたような満足感。
やっぱりカキフライは、
年が改まってからが本気の味わいです!!!

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。