池袋・だいはち タンメン(塩/730円)

 

Pocket
LINEで送る

だいはち-01
クロスバイクで護国寺から雑司が谷のあたりを走っていると、
視界に近づいて来たのが、赤い外壁と風にたなびくタンメンの文字。
ちょうどお昼どきだったこともあって、自転車を停めて店内へ。
食券機のボタンには、タンメンやスタミナ系ラーメンに餃子の文字。
そして多彩なトッピングのボタン。
コーンや野菜大盛、あるいはベーコンにバターに牛すじ。
もちろん、色々なメニューに一番の組み合わせがあるはずですが、
それを試す前に最初はやっぱりベーシックなタンメンから。
醤油、味噌、塩の3種類から選べる味は塩チョイスです。


だいはち-02
親父さんの両手でカウンターに置かれた、大きな器と大きなレンゲ。
スープを一口飲もうとしても、二口三口分が余裕で入ります。
濃厚系のタンメンとは逆の、あっさり目の旨味は、
和な出汁と野菜の甘味が骨組みになっています。
なので、表面を覆うというよりはじわりじわりと浸透する感じ。
そこに、麺を覆うたっぷりの野菜。
赤いパプリカを筆頭に、キャベツにもやしにニンジンにキクラゲに。
お箸でつまめば、シャキシャキの食感はもちろんなのですが、
色々な野菜や豚肉の味一つ一つが、ドレミファソラシドの役割になっていて、
一口ごとに違ったハーモニーが奏でられます。
そして、麺は自家製麺。
麺の食感が炒め野菜のそれに負けることなく、
逞しく独特の風味をミックス。
一通り食べてからは大きなレンゲの使いどころ。
レンゲにスープと野菜を入れて、あとは刻みニンニクや刻み生姜をお好みで。
味のカスタマイズをすれば、器の中にもう一つ器が生まれます。
両隣のお客さんが食べていたのが、真っ赤なラーメン。
タンメンの味噌や醤油味や、色々なトッピングとの相性も気になりつつ、
寒空の自転車にはこれが気になって仕方ありません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。