虎ノ門・峠そば 肉と白菜のそば(大盛/620円)

 

Pocket
LINEで送る

峠そば-01
月に一度、必ず足が向くのが峠そば。
このお店には3つの楽しみがあります。
まずは、カウンター上の貼り紙に書かれたメニュー。
季節の素材を使った天ぷらそばを筆頭に、
前に来た時には「これ、なかったなぁ…」というメニューが一つはあって、
この日見つけたのは、肉と白菜のそば。
ということで、これを注文して茹で上がりを待ちます。
で、二つめの楽しみが、調理の様子を見ること。
小さな厨房で天ぷらが揚げられそばが茹でられる模様は、
なんとも楽しいものです。
もちろん、注文したそばを受け取ったら、
カウンターの上にあるたっぷりのかつお節は欠かせません。
三つ目の楽しみは、なんといってもその旨さ。
注文を受けてから昆布出汁で煮た白菜と豚肉が、
出汁の効いたおつゆに絡むと、
いつもの美味しさに更なる層が。
立ち食いそばなのに「流れ作業的に食べる」という感覚は皆無。
色々な楽しみが鏤められているこのお店は、
自分にとってちょっとした食のテーマパークなんです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。