島根県隠岐の島町 炉端 味咲 魔法使いの手

   2014/10/31

Pocket
LINEで送る

140117-33.jpg
隠岐の島の夜、
宿泊先のホテルから車で向かったのは隠岐空港方面。
広々とした空の姿はもう見えず、
しかも向かう先は繁華街とは反対方向。
「???」の文字が頭によぎる中、
到着したのは一軒のお店、というよりはお宅。
大きなしゃもじがあれば、ちょっとしたヨネスケ気分。
不思議な感覚のままで案内された部屋には、
大きな炭焼き網が鎮座し、それを囲むように掘りごたつ式の席。
傍らには、既にいくつもの魚介類がスタンバイされています。
一日一組しか味わえない、隠岐の島の恵みをいただきます。
140117-19.jpg
まずは、たっぷりの前菜から。
島名物のバイ貝を始めとした地魚のお刺身と濃厚な肝。
中でも、一番箸が踊ったのは、ハバノリとナマコの和え物。
隠岐の島のお正月に欠かせないという一品は、
コリコリした食感と磯の香りが織りなす、
産地ならではのもの。
新鮮で強烈、正に鮮烈な記憶を刻んでくれます。
140117-21.jpg
そして、網の時間が始まります。
オープニングは、大きな牡蠣のホイル焼き!
白バイ貝やサザエ、あるいはアワビ。
多種多彩な貝が豊富に獲れる隠岐の島、
旨い貝が生まれる自然環境が揃った地だから、
もちろん岩牡蠣だって獲れるんです。
140117-22.jpg
つまんだ感触はまるで水風船。
大振りな姿にジューシーなエキスが、
ぎっしり詰まっているのが伝わってきます。
もちろん、噛めば旨さが爆発!
季節的には保存しておいたものと思しきなのに、
瑞々しくてパワフルです。
140117-23.jpg
次に、茄子とピーマン、そしてサザエの味噌炒め。
昔から、この島では貝類は肉代わりに使われることが多く、
牛肉の代わりにこれを使ったすき焼きなんて料理も、
あったようです。
東京の人間にとってみれば、サザエのほうが貴重なのですが、
こっちにしてみれば普段着食材。
そこに絡む優しい旨さの手前味噌。
もし、これが常備されている定食屋さんが、
自分の生活圏にあれば、毎日がもっと嬉しくなりそうです。
140117-24.jpg
そして、網の上にゴロンと並んだ楕円の物体。
ホイルに包まれたその正体は…


140117-25.jpg
大きなアワビ!しかも、一人一つです!!
あらかじめカットされたところに、
醤油の香りがしっかり馴染んで、
噛めば噛むほどに旨さが踊り出します。
140117-27.jpg
もちろん、バイ貝だってこんがりと。
一緒に焼いた椎茸も絶品!
140117-28.jpg
そして、魚はキンキン。
小型ですが脂はしっとり、でも切れ味しっかり。
身の旨さと脂の甘さが混ざり合った煙も、
ごちそうです。
140117-30.jpg
そして、締めの一品。
おばぁちゃんが一つ一つ握ってくれたおむすび。
ここ隠岐の島は、海産物や野菜だけならず米も美味しく、
フェリー乗り場近くの直売所で買った、
藻塩米ったら抜群すぎて困ってしまいました。
もちろん地元でも、もずくがたっぷり入って、
アゴ出汁の旨味でふっくらした、
もずく雑炊なんて料理も名物。
丸い隠岐の島で育まれたお米でできた三角おむすびが、
網の上でこんがり焼かれます。
140117-29.jpg
ここに取り出されたのは、
たっぷりのお味噌。
中身はなんとウニ味噌!!
貝が旨けりゃ海藻も旨く、
海藻が旨ければもちろんウニが旨い。
自然の三段論法で育った黄色い宝石がたっぷり。
140117-32.jpg
おかみさんの手で焼き立てのおむすびに、
たっぷりウニ味噌が塗られれば、
隠岐の島名物・焼き飯のできあがりです。
140117-31.jpg
お米が旨いからだけじゃなく、味噌が旨いからだけじゃなく、
両方が美味しく、その美味しさが昔からしっかり根付き、
笑顔の源であったからなんでしょうね、心の中に染み込んできます。
満腹と満足で満たされた時間もそろそろ終わり。
このお店はなんと送迎までしてくれるんです。
ホテルに到着して、運転してくれたおかみさんと、
握手させてもらいました。
それはまるで魔法使いの手。
この感触と温もりで地域の味が作られていることを思うと、
愛おしくなってしまい、手を離したくなくなります。
でも、また行けばいいんです、四季折々の魔法に会いに。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。