池袋・浮浪雲 鶏辛そば(750円)

   2015/03/04

Pocket
LINEで送る

流浪雲(辛味そば)-01
すっかり、自分にとってお馴染みとなった流浪雲。
定番の3種類から選ぼうと思っていたのですが、
この日食べたのは、期間限定メニューの鶏辛そば。
唐辛子の赤と白キクラゲのお祝い系グラデーション、
そこに枝豆の緑にクコの実の深紅、そして葉物の緑が
アイキャッチのラインを作り出しています。
一口スープを飲めば、コクのある鶏白湯の旨味を、
ピリッと走る一瞬の辛さが際立てて、
スープの熱で刺激の飛距離が伸びていく。
そんな感じです。
ここに、白キクラゲのコリコリ、
枝豆のシャクシャク、そして松の実のサクサク。
低温調理の鶏チャーシューの弾力も含めて、
歯触りのオンパレード。
もちろん、外気の冷たさもあってスープは完飲。
いつも以上に汗の量が多かったのは、
冬向けメニューだからこその醍醐味でしょう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。