銀座・泰明庵 カレーそば(大盛り/850円)

 

Pocket
LINEで送る

泰明庵-01
年に一度、「あの店のあの味をあのボリュームで!」
と思うことがあるもので、
この日のお昼は正にそんな気分。
コリドー街の裏手の泰明庵に駆け込んで、
入口すぐのテーブル席に座って、
注文したのがカレーそばの大盛り。
静かに立ち上る湯気と共に現れた、
見た目にトロみが効いたおつゆ。
早速、器の底からおそばを引き上げて、
幾度となく絡めます。
少しずつカレー色に染まったところでまず一口。
唇に触れればビクッと驚き、
舌に触れれば一瞬でハフハフと冷気を取り込まんとする口元。
そして、飲み込もうとした瞬間に喉を通るのは、
徹夜明けの身体に効きそうな容赦ない熱源。
二口目からは一端レンゲ置きのお皿で受け止めて、
少し食べやすい温度にした…つもりなのに、
そばの真ん中に篭っていたカレーのつゆがストライク。
大盛にしたことを後悔しつつも、
なんとか少しずつ食べ進めていくと、涙が溢れ出し、
更に啜れば汗がじんわり。
でも、これが食べたくなるのはきっと、
そんな感覚を味わいたい本能によるもの。
そばを食べ終えて、レンゲでスープを飲めば、
細切り玉ねぎのシャキシャキした食感と、豚肉のボリューム感、
そしてスパイスと出汁の組み合わさった旨辛な味。
さっきまでは、ある意味で熱いライバル関係だったのですが、
今はレンゲを通じてお互いを称えます。
お店の引き戸が開いても、風が背中に当たっても、
この一杯があれば寒さ知らず。
さすがに夏場は厳しいかもしれませんが、
冬が来れば思い出す一杯です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。