銀座・三州屋 いつものカウンター席といつもと違う肉豆腐。

 

Pocket
LINEで送る

三州屋-01
いつも昼間にお世話になっている、三州屋のカウンター席。
ある日の晩、暖簾をくぐって通されたのも同じ席でした。
ただ、デーゲームとナイターとで球場の雰囲気が変わるのと同じく、
視線の先は変わらないのに雰囲気はビジターの気分です。
いつもは、「カキフライ!!」の言葉だけで済んでいるのですが、
せっかくの夜なんですから、色々なおつまみを
短冊から選んでみようじゃありませんか…と思いつつ、
あれもいい、これもいい、それもいいと目移りしてしまい、
なかなか決まらないものです。


三州屋-02
とはいえ、最初にお通しのカボチャの素揚げから。
ビールで少しずつ口を湿らせるのに、うってつけの塩加減。
グラスが少しずつ空になっていきます。
三州屋-03
結局、注文したのは肉豆腐。
フライ以外の昼定食についてくるのは鶏豆腐ですが、こちらはお初。
豚肉の甘さが馴染んだ煮汁が、
フカフカの豆腐に染み込んでいます。
待ち人来たりて、やっぱり注文したのはカキフライ。
昼と同じくサクサクの衣から溢れるエキス。
写真を撮り忘れたこと以外、何も変わりません。
昼と同じ感じに食べていると、店内には次々とお客さんの姿が。
ここはさっと切り上げて、次のお店に向かうことにしました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。