銀座・むぎとオリーブ 鶏SOBA(850円)

 

Pocket
LINEで送る

140227-04.jpg
松坂屋が改築中になっていることもあって、
最近銀座6丁目界隈に用事がなかったのですが、
久しぶりに裏手を歩いてみて見つけたのがこのお店。
「カフェかと思ったらヘアサロンだった」的に、
一見すると雑貨屋さんっぽさもあるのですが、
その正体は今月開店したばかりのラーメン屋さん。
早速、店内に入ってみると、
L字を180度回転させたようなレイアウトに沿ってカウンターが並び、
壁際にはウェイティング用のイスも並びます。
右手の食券機を見ると、
鶏SOBA、蛤SOBA、そして鶏・煮干し・蛤のトリプルSOBAの三択。
煮干しの文字が神々しく見えつつも、
迷ったら一番左上にあるボタンを押すという鉄則に従って、
鶏そばを注文しました。
カウンター越しには、麺箱に入った鶏節や長いものディスプレイ。
両隣の空席には女性の一人客が次々と着席。
やっぱり、これは作り込んだ結果なんでしょうね。
食券を渡してからの時間、そんなことを色々と考えていました。


140227-03.jpg
目の前に出されたラーメンの器。
黒に近い醤油の色合い、
そこに大きなチャーシュー、長いも、なると、
三つ葉にネギ、そして鶏節。
ノーマルバージョンなのに、具の量はなかなか豪華版です。
薄めの油膜の下から麺を引き上げると、
湯気に乗って鶏とかえしの香りが立ち上り、
レンゲでスープを一口飲めば、
醤油のコクと鶏の旨味の組み合わせ。
色と反比例した少し甘めのやさしさもあって、
二口三口とレンゲを動かします。
そして、麺を啜ると小さな香りの吸盤がなお一層、
鼻腔と少しずつ一体化していく感じに。
ストレートパキパキ系の細麺は、
ライトに照らされると一目でわかる茹で加減、
噛みごたえのある歯触りと、すすりごたえのある四角い断面。
全体に切れ味のあるスープと麺の組み合わせに、
エシャロット入りのオリーブオイルを数滴落とせば、
不思議とさっぱりした口当たりに変化します。
鶏と豚のチャーシューや、長芋の素揚げ、
あるいは結びナルトを食べつつ、
残りのスープを飲めば、ラーメンの食後感というより、
「こういう料理」という感じにも。
次はハマグリかはたまた煮干しとのトリプルか。
きっと食券機の指は迷うことでしょう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。