有楽町・いわさき イカフライ定食(600円)

 

Pocket
LINEで送る

いわさき-01
日比谷シャンテのほど近く、
昔ながらのお店が多めに残る界隈ですが、
外国人の方が興味津々な顔で眺めていたのが、
いわさきの外観でした。
おじさん世代にはありきたりの定食屋さんの顔ですが、
逆に今の時代には、ありきたりじゃなくなっているからかもしれません。
いわさき-02
店内に入れば、小さなカウンターとテーブル席。
貼り紙に書かれた定食の文字を追って、
目に留まったのはイカフライ定食。
厨房でおじちゃんが作る姿を眺めつつ、
しばし待っていると、おばちゃんがご飯や味噌汁、
お漬物を順々に運んできました。


いわさき-03
揚げ玉の浮かんだ味噌汁を口にして、ごはんを一口。
一口サイズのイカフライをつまみながら、ごはんを一口。
たっぷり盛られた漬物をつまんで、ごはんを一口。
シンプルな定食なので、
迷うことなく、ごはんと主菜や汁物との往復になります。
いわさき-04
二口目からはイカフライにソースを注いで、
少し濃いめにしたところで、キャベツをお伴に食べ進めます。
で、いつの間にか完食。
「召し上がられましたか?」
なんて言葉をおばちゃんがかけてくれるのが、
親戚の家でごはんを食べたような感じで素敵です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. よろヨレ爺 より:

    初めまして
    この「いわさき」さんて、その昔赤坂のアメリカ大使館近くの定食屋」さんでしょうか?
    もう 半世紀前のことですが~
    イケメンのご主人と、バリバリの」おかみさんが営む、活気あるお店でしたよ。
    随分と「人生」教えて貰いました。
    今でも活況なら、とても嬉しいことです。
    上京したら行きたいお店ですね、ネットグルメじゃ無くってね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。