銀座・三州屋 カキフライ定食(1,300円)

 

Pocket
LINEで送る

三州屋
いつものように暖簾をくぐって、
おばちゃんに声をかけて、空いている席を見つけて腰を落ち着ける。
座りがてらに注文するのは、もちろんカキフライ定食。
三州屋のカキフライを初めて食べたのは、10年ぐらい前のこと。
大きなフライがゴロゴロ転がるお皿に驚かされ、
一口頬張れば、ほとばしる牡蠣のエキスに圧倒されたものです。
今日もフライを箸で持ち上げて、
6センチの小指を横に近づけてみると、
10センチぐらいのサイズに感心しちゃいました。
おもむろに頬張れば、サクッという音とともに、
包まれていた大量のエキスが衣に吸収され、
他に例えようのない美味しさが口の中に広がります。
やっぱり、産卵を控えた3月の牡蠣は違います。
長さだけじゃなく、たっぷりと栄養素が詰まっているので、
旨味成分との掛け算で生まれる答えは桁違い。
いつだって、ここのカキフライを食べると笑顔になる。
それは周りのお客さんも同じで、
見回せば店内の席はやさしい空気で包まれています。
その源になっているのは三陸産の牡蠣。
自然だったり人だったり、
牡蠣に携わるあらゆる要素がぎっしり詰まった結晶です。
あの日から3年。
今日も最後の一口まで、いつも通りの美味しさが詰まってました。
そして、今日の美味しさにはいつも以上に感謝したいと思います。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。