有楽町・マーブル ラムカレー(850円)

 

Pocket
LINEで送る

マーブル
昼間の最高気温が15度を超えることが多くなってくると、
食べたくなるものが少しずつ変化するものです。
で、なぜか春になると行きたくなるのが、このお店。
有楽町ビルの地下に向かう階段を降りて、
とんかつのまるやや、万世を横目に先に進むと、
店頭には既に行列ができていました。
このお店に来ると注文するのはインドカレーかラムカレー。
この二択で悩んだものですが、
最近豚づいていたので、今回はラムカレーの普通盛りにしました。
大きなしゃもじを動かすおばちゃんや、
ソースをバックハンド気味にお皿に注ぐおじさんの動き。
コンビネーションに見とれていると、
いつの間にかカレーが目の前に。
ラムの旨味が溶け込むソースの中に、
砂金のごとく混ざり合うスパイス。
一口目から刺激に身体が喜んでいます。
見た目だけなら主役以上の存在感を誇る、
りんご酢の絡んだキャベツとソースを絡めたり、
柔らかいラム肉を頬張ったり。
楽しみ方は色々ですが、
共通しているのはスパイスの階段を一歩ずつ登っていることです。
最後の一口を食べ終えた時、
ニットを着た自分の背中は、じんわり汗ばんでいましたが、
冷たいお水を飲み干した瞬間「この感覚に会いたかったんだ!」と、
この時期に恋しくなる理由に、妙に納得してしまいました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。