有楽町・慶楽 叉焼炒飯(950円)

 

Pocket
LINEで送る

慶楽
桜の花びらが少しだけ散りだした中、
数寄屋橋交差点に咲く桜の花を少し眺めて、
向かったのはガードの先にある慶楽。
カレーにしようか、タイ風焼きそばにしようか悩みつつ、
そういえば未食だった叉焼炒飯を注文しました。
スープチャーハンはパラパラとしっとりが共演する、
奇跡の食感を食べるという感じですが、
こちらはパラパラの炒飯に、
たっぷり入った叉焼の存在感が大きく、
レンゲの中に転がる姿に頼もしさを感じます。
これが少ないと無意識のうちに、
「何口ごとに叉焼を食べるか…」
なんて考えてしまうこともあったりしますが、
この量なら思う存分肉々しさが楽しめます。
最後の一口まで叉焼の空くじなし。
そして、食後の満足感は文句なしの大当たりです!

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。