青森県弘前市・2014弘前さくらまつり/10年先の石垣と百年食堂の三忠食堂へ

 

Pocket
LINEで送る

2014弘前さくらまつり-01
新青森の駅から弘前に向かう奥羽本線の車窓。
まだ何色にも染まってない線路沿いのりんごの木が、
秋の紅から雪の純白を経て、新たな生命が宿る白に移りゆく時期。
まるで青森の季節を繋ぐかのようなタイミングで、
弘前公園の外堀には満開の桜が咲き、
街をソメイヨシノ色に染め上げます。


2014弘前さくらまつり-02
今年は青森全般で春先の気温が高く、
弘前も一気に桜が開花。
いつもだったらまだツボミが目立つ時期ですが、
ふっくらと満開で咲き誇っています。
2014弘前さくらまつり-03
とはいえ、早くも花筏ができつつあって、
水辺は少しずつピンク色に縫い上げられていました。
2014弘前さくらまつり-04
公園を囲む建物に映り込む桜の姿、
借景と呼ぶにはあまりにも贅沢なものです。
2014弘前さくらまつり-05
追手門から公園に入り、道の左右から伸びる桜の道を通り抜けて、
赤く染まる下乗橋が視界に入るに連れて、人の数が増えていきます。
2014弘前さくらまつり-06
この天守の下にある石垣が、今年の秋から修繕工事に入るため、
この眺めとは10年間のお別れ。
2014弘前さくらまつり-07
名残惜しさもあってか、
例年以上にこの場所を動かない人が多かった感じがしますが、
きっと10年分の記憶を焼き付けているんでしょうね。
2014弘前さくらまつり-08
さて、この日は4月の青森にしては気温が高く、25度の夏日。
となれば、恋しくなるのはさくらまつり名物のアイスの屋台。
りんごアイスの文字が嬉しいところです。
2014弘前さくらまつり-09
公園内にはいくつものアイス屋台があるのですが、
その動きを見ていると、お店ごとに盛られる形に違いがあるものです。
秋田のババヘラ的に塗るような感じで山を作る、
こぼれ落ちないようにぎっちりと成形する、
そして一度盛ったアイスの上に、重ねるかのように盛りあげる。
個人的には3つ目が一番嬉しいのですが、
シャリシャリのシャーベット状のアイスが口溶けと共に、
りんごの果肉のシャリシャリへと移り変わる瞬間、
なんとも楽しいものです。
2014弘前さくらまつり-10
そして、やっぱり欠かせないのは三忠食堂。
お昼時間から少し外してみたものの、
やっぱりテントの中は満員御礼。
お目当てだったのは津軽そばですが、
出来上がりまでに30分ほど時間がかかるとのことだったので、
おでんとツブ貝をお願いしました。
2014弘前さくらまつり-11
やっぱり、青森のおでんにはネマガリタケが欠かせません。
座敷席であぐらをかきつつ、出汁がしっかり染みた練り物をつまんで、
ツブ貝の弾力を楽しめば、お腹も満開。
築城400年を超えて、新しい石垣によって歴史が築き上げられる10年後にも、
この味を桜と共に堪能したいものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。