有楽町・ROYAL ジャンバラヤ(800円)

 

Pocket
LINEで送る

ROYAL-01
仕事をしていると、小さなものから大きなものまで、
悩み事という厄介な存在が、心の中に入り込んで来るもの。
そういう時、大きめのソファに身体を預けて、
アイスコーヒーをゴクリと飲んで、
心をリフレッシュしたくなる。
そんな日もあるものです。
有楽町駅側の地下から交通会館に入ると、
左手側で迎えてくれるのは、
昔ながらの外観が残る喫茶店。
ショーケースや大きな看板に並ぶメニューを見ても、
パンケーキとかの文字は見当たりません。
お店に入ると、営業の途中にピットイン。
といった感じのサラリーマンが多く、
タバコを吸いながらコーヒーを飲んだり、
スパゲティを食べたりという感じです。
で、注文したのはランチタイムのセットからジャンバラヤ。
カッターシャツと黒いパンツを纏ったボーイさんが、
まずはサラダを手元に運び、
次に主役をテーブルに置いていきました。


ROYAL-02
一口食べれば、予想以上にスパイシー。
ほっとするというよりホットな刺激に、
ちょっと驚きました。
でも、辛さに慣れればあとはテンポよく。
サラダを挟みつつ、あっという間に完食です。
食後は、ソファに身体を預けながら、
アイスコーヒーをグビっと。
疲れたり、迷ったり、考え事をしたかったり、一息つきたかったり。
今どきのカフェはカフェ自体が目的地になっている感じですが、
昔ながらのこういったお店は、自分と向き合うための場所であり、
そんな普遍的な役割を果たせるお店だからこそ、
ずっと愛されているのかもしれません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。