青森 スイーツ ひるたび・さんぽ

青森県七戸町・NAMIKI 緑薫るジェラート

投稿日:

NAMIKI-01
十和田からの帰り道、国道4号線を七戸十和田駅の手前で
看板を目印に右折して、車を走らせた先は広大な牧場。
緑が輝く並木通りを進み、
駐車場に車を停めてドアを開けた瞬間、
涼やかな風に乗って出迎えてくれたのは肥料の香り。
久しく忘れていた感覚です。


NAMIKI-02
ここは金子ファームという牧場の一角にあるジェラートショップ。
まるで海外に来ているかのようなお店のサイズと佇まい。
早速、中に入ってみましょう。
NAMIKI-03
メニューはシンプルに、ジェラートのシングルかダブルのみ。
まずはこれを決めてレジの方に伝えるのですが、
意外に難しいものです。
というのは、「最初は1種類でいいかなぁ・・・」と思いつつも、
きっと後々でダブルにしたくなるもの。
ということで、ダブルにしました。
NAMIKI-04
あとは、11種類から好きなものを選ぶだけ。
初めてなので、基本のジャージーミルクは押さえておきたいところですが、
パイナップルやコーヒー、チョコレート・・・
見れば見るほど迷いに迷うものです。
でも、これを打ち破ってくれるのは、シーズンメニュー。
ということで、桜ジェラートにしました。
NAMIKI-05
一口目を口に入れてから溶け出す度に舌を覆う、濃厚なジャージーミルクのコク。
少しシャリシャリした、さっぱりとした口当たりがたまりません。
そして桜ジェラート。桜の花びらがたっぷり入っているので香り高く、
一層ミルクのコクを際立てます。
一人で食べてもスプーンは止まらず、
二人でシェアしても、ボリュームもしっかり。
どちらにしても楽しめます。
NAMIKI-06
お店の前にはカラフルな重機がズラリと勢揃い。
この迫力、子供だったら喜ぶだろうなぁ・・・と思いつつ、
自分も大喜びだったのはここだけの話ということで。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, スイーツ, ひるたび・さんぽ

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.