新橋・四季煲坊 四川風冷やし中華(787円)

 

Pocket
LINEで送る

四季ボウ坊-01
日差しが強く蒸し暑い。
それでも、梅雨どきの晴れ間は貴重な時間。
そんな日の昼ごはんには、
ジメジメした空気を吹っ飛ばしてくれるような刺激と、
身体をクールダウンさせてくれるものが食べたくなるもの。
そんなときに向かうべきは新橋の四季煲坊。
オアシズの大久保似のママさんの出迎えを受けて、
カウンター席の一番奥に座るのですが、
そこに向かう十数歩がくせ者。
お客さんが食べている料理が目に入ると、
炒め物が恋しくなったりするものです。
それでも注文したのは四川風冷やし中華。
揺れ動く気持ちを克服して、
ジョッキに入ったウーロン茶を飲みながら、
しばし待つことに。


四季ボウ坊-02
ラー油が目を惹く鮮やかなルックス、
この夏山を崩すのはちょっと勿体ない気持ちにもなっちゃいますが、
酸味と甘みと辛さが一体になったスープが絡んだ麺は、
底に沈む氷で引き締められて、ハリと唇に触れるひんやりした感触は、
暑さに対して一分の隙も見せません。
短距離走のごとく無呼吸で啜り、
「ぷはぁ!!!」となるこの開放感こそ食べ応え。
大振りのキュウリと鶏肉を間に挟みつつ、
レタスと麺をタレに絡ませてリズムを刻みます。
最後はゆで卵で締めれば大満足。
さっき、炒め物定食を食べたいなぁと思った
自分の気持ちに応えるのは、
もう少し先にしたいと思います。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。