御徒町・珍満 フワフワの焼きそばと、フルフルの餃子

 

Pocket
LINEで送る

珍満-01
吉池がリニューアルオープンして、
駅前の広場エリアを中心とした整然とした賑いと、
路地に残る昔ながらの賑いが残る御徒町。
その一角にあるのがこの中華料理屋さん。
赤と白の縁起物カラーのファサードに、
ゴシック体で書かれた店名のパンチが効いてます。
2ヶ月前のアド街で紹介されたこともあってか、
この日もランチタイムの時間帯を外したにもかかわらず、
店頭には行列ができていました。
待ち時間の合間にショーケースを見るのは、
中華料理店におけるコモンセンスですが、
看板に書かれていた「手のし餃子と湯麺」という文字を見れば、
特にこのサンプルをじーっと見てしまいます。
でも、店内に入って注文したのは、
タンメンではなく焼きそばと餃子。
焼きそばが食べたかったんです。


珍満-02
黄色がかった中華麺がソースを纏ったルックスではなく、
太く肌色がかった麺にうっすらと餡が絡んだような姿。
そして、キャベツ、豚、もやし、タマネギ、人参、キクラゲ。
大ぶりの具材を目にすれば、
まるで炒めものに麺が入ったような感じ。
昔的に言えばチャーメンと呼ばれるこの料理、
お箸で引き上げれば、伝わってくるのは切れそうで切れない繊細な感覚。
決して弾力なんていう言葉ではなく、フワフワした口当たりの茹で麺。
醤油の味付けがとことん優しいので、
啜って口の中に大きな具が一緒に飛び込んでくると、
その階調に驚かされます。
まるで狐につままれたかのような感覚で食べていると、
いつの間にかお皿の焼きそばは半分以上姿を消し、
餃子へと箸を伸ばすタイミングとなりました。
珍満-03
唇に当たるとフルフルした感触の皮、
その中に閉じ込められているのは、
キャベツとたっぷりのニンニクがリードする餡。
一口食べると、焼き面のパリパリした食感と、
瑞々しい皮との間に入る餡で三層構造になっている感覚。
結構大きめなので、ボリュームもしっかり。
しっかり餃子タレを絡めて、勢い良く豪快に食べ尽くしたい味です。
食事が終わってお店を後にしても、店頭にはまだ行列。
料理が持つずば抜けた個性には、
きっと時間なんて関係ないんでしょうね。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。