渋谷・Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE 確かにリラックマカレーが可愛すぎて食べにくい件

 

Pocket
LINEで送る

Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-01
明日から多くの学校が夏休みに入ります。
既に家族で出かける先をリストアップしている方も多いと思いますが、
おそらく、目的地の一つとして挙がっているであろうスポットが、
渋谷タワレコの2階に期間限定でオープンした、
Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE。
建物正面入口の右手エスカレーター側からもお店に回り込めますが、
左手階段側から2階に上がれば、巨大なリラックマが出迎えてくれます。
幸い、この日は想像していたほどの混雑はなく、
しばしの待ち時間でスペースに入ることができました。
Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-02
広い空間に色々なタイプの座席があるのですが、
共通しているのは、ありとあらゆるところにリラックマがいること。
窓側の席にも、ソファー席にも、カウンター席にも。
大小色々なサイズのリラックマが席で待っています。
Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-03
自分が座った壁沿いのテーブル席でも、
リラックマがだら〜っとソファ界隈に座ってました。
メニューの種類は、やや抑えめ。
メインフードのリラックマカレーに、
2種類のスイーツプレート、そしてドリンク。
そして、フルコンボの3種セットと、
カレーとドリンクのセットが、用意されています。
で、これは3種セットを注文したいところ。
…でしたが、物販を含めて相当のお金が溶ける予報が発令されていたので、
カレーとドリンクのセットを注文しました。
こういう日には、サマージャンボ宝くじとか買いたくなります。


Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-04
まずは、ドリンクの登場。
ホットミルクにアイリッシュクリーム的な、
カラメル味を加えたアイリッシュミルクは、
やさしい香りとほのかな甘味。
カレーが運ばれてくるまでの時間をほっこり過ごせます。
もちろん、カップの表面にはリラックマの顔が。
本人も興味深々のようです(笑)。
Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-05
そして、お目当てのカレーが登場。
カレーのカーペットの上でごろんと寝っ転がるリラックマ、
その枕はオムレツでできていて、左のナスやズッキーニの素揚げと、
型抜きされた人参が、まるで天の川の夢を見ているかのようです。
現物を目の前にすると、あまりにも可愛くて、
何から食べればいいのかの状態になるのですが、
やっぱり素揚げのナスとカレーソースを絡めるところから。
野菜の甘みとちょっと強めのスパイス、
そんな思った以上に刺激的な味を、
今度は足の部分から少しずつ絡めていきます。
ドライカレーの辛さは抑えめで、
チーズのコクと重なると、丁寧に作られたバランスの取れた美味しさが。
食べ進めるに連れてスプーンの動きが遅くなるのは仕方ありません。
でも、海苔でできた目と鼻のあたりは、
躊躇せずに一気に食べてしまいましょう。
Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-06
食後はレジの後ろにある物販コーナーで、色々手に取ってからご精算。
少し数字が大きくなっても、この顔を見れば仕方がありません。
Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-07
食後は8階で開催されている、タワレコとのコラボのアーカイブ展へ。
色々なジャンルのバンドを組んだ歴史を語るコラボグッズや、
パネル展を見ればもう大満足。
次回はスイーツプレートを注文したいところですが、
きっと、混雑しているんでしょうね…

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。