蒲田・おみっちゃん 煮込み丼+ミニそば(600円)

 

Pocket
LINEで送る

おみっちゃん-01
人生で何回目かの蒲田訪問。
本当に右も左も分からない土地ゆえ、
お昼の時間になっても何を食べようか、
ノーイメージの時間が続きます。
一方、街中にはワンコイン系のメニューを掲げるお店が多く、
せっかくなのでその路線の看板を見つけつつ、
琴線に触れるようなお店を探すことにしました。
で、見つけたのは3種類の内臓系メニューを黒板に掲げたこのお店。
丁度、スタミナ恋しきコンディションだったのでガラス戸の先へ。
注文したのは、モツの煮込み丼とミニそばのセット。
キンミヤ焼酎のロゴが入った大きなグラスで、
お水を飲みながら待つことしばし。


おみっちゃん-02
屠場が近い界隈の環境や丁寧な処理もあってか、
臭みは一切なく、プルプルふわふわの食感と、
煮込み汁の旨さでごはんが止まりません。
お味噌汁代わりの蕎麦を啜りつつ、
ハフハフと米粒を飲み込まんとする勢いで、
あっという間に完食。
これで600円、フワ好きな自分にとっては、
また用事を作らねばと思った次第です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。