錦糸町・towa mowa cafe 君と僕とコーヒーと

 

Pocket
LINEで送る

towa mowa cafe-01
駅から少し離れた住宅街と商業地の境目、
突然現れたのはtoi moi chiotと描かれた3枚の扉。
そこは大人用、子供用、そして子犬用の入口が出迎えてくれるカフェ。
towa mowa cafe-02
場所柄でしょうか、自転車で訪れるお客さんの数が多く、
店頭にもお店の方のと思しきものが駐車中。
でも、それが外観のアクセントになっています。


towa mowa cafe-03
センターにあるテーブル席を中心に、
ソファー席や向かい合う二人がけ席のテーブル。
店内に不規則に並ぶ家具が、お客さんと共に過ごす空気をカスタマイズしていて、
いつ行っても違った雰囲気でくつろげそうです。
そんな中から窓側の席に座ってメニューを手渡されると、
なんとも魅力的なスイーツメニューのラインナップ。
パフェの文字を見つけた瞬間に、ドラフト1位で指名したかったのですが、
この日はアイスコーヒーに、レモンケーキとレアチーズムースの組み合わせにしました。
セットにすれば100円引きになるのですが、次に向けてこの100円を貯め続けたくなる。
まだ、一口も食事をしてないのに、早くもそんな気持ちになります。
towa mowa cafe-04
アイスコーヒーのグラス、この立体的なガラスの表面、
そういえば、同じ表面のものが実家にもあるのですが、
それは底に向かうに連れてすぼんでいく形なので、
ちょっと安定感に欠けるデザイン。
でも、このストンと真っ直ぐになった形なら、
ストローを動かしたりするアクションにも耐えられます。
浅煎りの香りと独特の甘み。
じんわりと余韻が生まれるような感覚は、
身体を冷やすという感じよりも、
豆を味わうという感覚を強いものにしてくれます。
towa mowa cafe-05
そして、レモンケーキとレアチーズのムース。
なんといってもアイキャッチのクッキーの可愛らしさ。
ふわふわと口当たり滑らかなムースと、
清涼感が熟したレモンケーキの爽やかな甘さ。
レモンピールが効いてます。
蟹じゃありませんが、食べるのに夢中になってしまい、
カフェなのに会話が途切れる可能性も。
親子で訪れて違うドアから入っても、
同じ時間を過ごした想い出を共有できる。
そして、数年後には隣のドアからお店に入る。
子供に戻りたくなる時って、
そういうことを思った時なんでしょうね。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。