宮城県仙台市・フルセイルコーヒー 一番町店 一日の船出に。

 

Pocket
LINEで送る

フルセイルコーヒー 一番町店-01
仙台で食べる朝食。
ホテルにも朝食バイキングがあったのですが、
向かった先は気仙沼の母港・アンカーコーヒーから、
仙台に出港しているフルセイルコーヒーです。
アンカーコーヒーより少しこじんまりしたカウンターで、
アイスコーヒーを注文しがてら、フードメニューを見ていると、
ソーセージサンドの文字を見つけました。
ソースは2種類、バジルソースかピリ辛のピカンテソース。
ホットコーヒーに唐辛子の組み合わせだと、存分に発汗を促してくれそうですが、
ここはアイスコーヒーということで、ピカンテソースで注文しました。


フルセイルコーヒー 一番町店-02
香ばしく焼かれたパンの表面にトッピングされた、たっぷりのチーズ。
そこに切り目が入って、粗挽きの皮なしソーセージが3本ぎゅっと。
ふんわりした口当たりから肉汁がじゅんわりと溢れ、
そこにサクっとしたパンの食感と、ピリ辛トマトの刺激が重なると、
粗挽きソーセージに慣れている口には、ちょっと新鮮な味わいでした。
香りとコクが詰まったアイスコーヒーを飲みながら、
窓の外でたなびく七夕飾りを見ていると、
まるで海風に揺られる帆のような感覚に。
カフェが豊富な仙台の街ですが、
朝から営業しているこのお店は、
一日の船出にぴったりです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。