青森 焼肉/焼鳥 ひるたび・さんぽ

青森県五戸町・レストランささ木 まさかのお肉が食べ放題!!

投稿日:28/09/2014 更新日:

レストランささ木-01
一見、ありふれた焼肉の風景。

レストランささ木-02
そんなお店の冷蔵ケース。レバーやハツといった豚の内臓にラム肉。その並びには主役のはずの牛肉の姿。ロードサイドの食べ放題店でも、なかなか見られないラインナップです。その中で一番取りやすい場所に置かれていたのが・・・

レストランささ木-03
なんと馬肉です!ここは古くからの馬産地、五戸町にあるレストランささ木というお店。古くは農耕馬を食べ今は食肉用の馬を育てる地。そんな馬肉の食文化が受け継がれる土地柄、焼肉屋さんでも主役は馬肉となるわけです。

レストランささ木-04
そして、どのお店にもある食べ放題のルール。食べ残し時の追加料金はもちろんですが、独特な形状の鍋で馬肉を楽しむ義経鍋のルールが、馬産地らしくしっかりと。

レストランささ木-05
ということで、赤身肉を初めとした馬肉丸ごとオールスター盛りにしてみました。
しっかり焼いて頬張れば、和牛のような霜降り肉特有の甘さではなく、身が引き締まった赤身や内臓のエキス。咀嚼すればするほどその旨味が引き出されます。また、胃にもたれることがないので、食べていて不思議な健康感を覚えるという謎も隠し味になっています。
そういえば、あの源たれも元は馬肉を食べるために生まれたもの。このお店のタレも少し甘めの作りなので、馬焼肉のクラシックスタイルに触れた感じがします。あ、もちろん白ごはんとの相性も抜群です。

レストランささ木-06
存分に食べた後の〆めはシャモロックそば。この組み合わせの妙がたまりません。

レストランささ木-07
優しい鶏出汁が効いた甘めのおつゆと柔らかめの蕎麦で、顎の筋トレをクールダウンします。
夕方5時を過ぎたころには、お座敷は地元の方々で満席に。レストランということで、大小問わず色々な会合で使われることが多いようですが、つまりそれは馬肉の食文化がハレの食事として残っているということ。
しかも、家族で訪れれば無意識のうちに食文化継承がなされることに。色々な意味で素敵なお店です。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 これまでの商品・コンテンツ制作実績等のプロフィールや、お仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, 焼肉/焼鳥, ひるたび・さんぽ

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.