銀座・日本橋よし町 サンマーメン(1,200円)

   2015/01/17

Pocket
LINEで送る

日本橋よし町-01
見上げれば可愛い暖簾、富士山のような形をした灯りに浮かぶ「日本橋よし町」の文字。知らずに訪れれば心と身体は和食モードになるところですが、実は中華料理のお店。

佇まいとしては敷居が高い感じですが、店内でメニューを見れば、ラーメンや蟹チャーハンといった文字が並ぶ庶民的なラインナップ。その中でもキラリと光っていたのが「サンマーメン」の文字。

神奈川の中華料理店ではお馴染みの野菜あんかけラーメンですが、銀座の真ん中で食べられるとは思っていませんでした。しかも、ライスのサービスも。ということで、これで決まりです。

日本橋よし町-03
運ばれて来たのは上品な白い器。縁に龍や雷文の図柄が記されてない姿がなんとも新鮮ですが、もやしやタケノコに、キャベツ、豚肉、キクラゲがたっぷりの餡に不思議と安らぎを覚えます。

淡い色をしたスープを口にすれば、醤油のまろやかな甘みから、上品な出汁の旨味が展開。飲めば飲むほどにスープが進むタイプなので、麺が伸びないうちにレンゲを箸に持ち替えます。

餡と細麺を絡めて啜れば、野菜のシャキシャキと少し固めの細麺の食感が口の中でしっかりミックス。こちらもノンストップなタイプです。

段々と時間が経つに連れて、小麦粉の甘さがスープに溶け出して、よりまろやかな口当たりに。ライスとの相性はこのあたりから本領発揮といった感じに。

ところで、このお店の名物メニューは、太い足が乗った蟹チャーハン。お店にご案内いただいた方の食べっぷりを見て、次はライスの代わりにこれを組み合わせたセット。スープで締めたところで、そう決めました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。