初台・NABE ホットドッグとアイスコーヒー

 

Pocket
LINEで送る

141004-03
色々な場所をロードバイクで走れば走るほど、山手通りの快適さを感じます。

道幅が広く路肩の駐車帯もたっぷり確保されているので、自動車を避けやすい。小さな上り下りは結構あるのですがトレーニングにはもってこい。

そんなこともあって、最近は幡ヶ谷方面に行くことが多いのですが、その手前の初台の台所・不動通り商店街に見つけたのが一軒のカフェ。八百屋さんやお肉屋さん、あるいはおでん屋さんといった、古き良き時代の店舗が残るこの一角に、シックでぬくもりのある外観が目を惹きます。

店内に入ると、窓から差し込む明かりがメインの照明。レトロなキャリーケースの上にガラス板を乗せたテーブル席や、小さなカウンター席のこじんまりした作り。その奥にはピアノが置かれていて、夜にはライブも開催されているようです。

そんなお店のメニューの中から、アイスコーヒーとホットドッグを注文しました。「少し時間がかかります」と声をかけられても、この付近にお住まいと思しきおじいちゃんやおばぁちゃんが、コーヒー片手に寛いでいる姿を見ていると、なんかいいなぁと思ったりして、時間を忘れるものです。

141004-01
太くパワフルな姿のソーセージ。

ドバっとケチャップとマスタードをかけて頬張れば、サクサクのバゲットに切れ味のある肉汁が吸い込まれていき、一口ごとに歯ざわりの変化が楽しくなってきます。

紙ナプキンで口を拭って、アイスコーヒーを唇に触れさせれば、マイルドな香りとほんのりした甘さ。急冷したドリップコーヒーが飲み頃な温度で運ばれてくるのですが、冷たさで味わう感覚が麻痺することがない塩梅がポイント。氷も少ないので、溶け切った時の後味の悪さに遭遇することもありません。

141004-02
ということで、ホットドッグと共に気になっていたスコーンもいただきました。

単純なサクサク至上主義ではなく、少ししっとりと焼きあがったような食感。ジャムや蜂蜜を塗れば、生地がほぐれるのと共に甘さが包み込みます。

夜のメニューにはカレーライスの文字があったりして、こちらも気になるところですが、どうやら自分はこの商店街の空間自体が好きみたいです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。