島根県隠岐の島町・SPUNTINO 西郷港で白バイ貝ぎっしりのホットサンドを。

   2014/10/31

Pocket
LINEで送る

SPUNTINO-01
隠岐の島の空の玄関は隠岐空港。一方、海の玄関口は西郷港。フェリーやジェットフォイルで訪れるお客さんは、ここ時計の針を隠岐の島時間に切り替えます。

SPUNTINO-02
このターミナルの向かいに建つのが”Spuntino”というカフェ。イタリア語でおやつという意味を持つ店名だけに、横にはシフォンケーキのアイコンが。

SPUNTINO-03
そんなお店のモーニングメニューには、ホットサンドの文字が!バウラーとしてはこれは見逃せません。

SPUNTINO-04
店内に入って、ハムとたまごを注文しようと色々な会話を交わしていたら、試作中のホットサンドを出してもらうことに。

食後に、シフォンケーキやパフェを注文するイメージを膨らませつつ、焼き上がりを待つこと約10分。木製のトレーで運ばれてきました。

SPUNTINO-05
分厚い玉子焼きが目に鮮やかなその名は「バイ玉ホットサンド」。

隠岐の島名産の白バイ貝がたっぷり入っているのですが、これは漁師さんが普段食べている、バイ貝を使った玉子焼きの文化を挟み込んだ一品なんだそうです。

SPUNTINO-06
一口目から驚いたのが、その食感。大きめにカットされたバイ貝の、クニュとした弾力が圧倒的!

食べやすさを重視すれば、できるだけ刻んでということになるですが、主役はオレだと言わんばかりの存在感がたまりません。

噛むごとに広がる白バイ貝の上品で繊細な甘さ。これを際立てるのが玉子焼きに使われている出汁の風味。聞けばその正体はアゴ出汁なんだそうです。これを包み込むガーリック風味のマヨネーズソースとの和洋なメリハリが、サクサクの数だけ口に広がって、あっという間に完食しちゃいました。

このメニューの背景は、隠岐の島で現在進んでいる「貝の王国プロジェクト」。島内の色々な飲食店が参加して、隠岐の島の貝を使った新メニューを試験提供することで、まず貝の美味しさを知ってもらおうと、取り組みが進んでいます。

こういったコンセプトで生まれるメニューは、「素材を使えばいいんでしょ。」なマインドで作られることも多く、自分もそれは好きじゃありません。ですが、このホットサンドのように、素材以外の食文化も知ってもらおうと生まれたものなら、その思いの分だけ本当に美味しくなるもの。色々な可能性が膨らむプロジェクトであって欲しいものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。