池袋・麦家 浮浪雲 鶏味噌そば

 

Pocket
LINEで送る

麦家 浮浪雲-01
ある日、前ぶれなく店頭に掲げられた「鶏味噌そば」のパネル。

いつもだったら、ここから数日後に発売されるのですが、チラッと食券器を見れば既にラインナップ入り。ということで、早速大盛りで注文しました。

麦家 浮浪雲-02
ふわっと立ち上る味噌の優しい香り。濃厚な鶏出汁と絡んだスープは、柔らかい口当たりから喉の奥でコクへと変化し、飲んでも飲んでもレンゲが止まりません。

具のポイントは生もやし。前半はシャキシャキの食感がスープの薬味として働き、スープと少しずつ馴染んだ後半には、具として麺に絡む万能役者ぶりを発揮します。

いつもの鶏チャーシューを頬張りながら、スープを吸ってグラマーになった麺をズルズル一気に啜ります。

最近は涼しくなったのですが、店内で汗が滴らなくなる日はまだ先のようです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。