中国地方 鉄板/粉もん料理 よるどき

広島県広島市・八昌 談 せんじがらと肉そばイカ天。

投稿日:14/11/2014 更新日:

八昌 談-01
数年ぶりの広島の夜。夕方、ホテルにチェックインした後、路電に乗って繁華街でお好み焼きを・・・と思ったのですが、迫り来る台風の影響もあって、駅前でお店探しをすることに。

いくつか候補があったのですが、駅ビルの閉館時間も軒並み早まったこの日、ようやく見つけたお好み焼きフロアのあるビルに向かいます。

到着すると、フロアを包むソースの香り。そしてカウンター席を占める修学旅行生。今は天気のことは忘れて、鉄板を囲んで楽しく思い出づくりといった感じでしょうか。

八昌 談-09
さて、自分が訪れたのは「談」というお店。元々、予定していたのが「八昌」という地元の大定番だったこともあって、暖簾に文字をカウンターに空席を見つけたところで、速やかに腰を落ち着かせました。

八昌 談-08
メニューを見ると、もちろんお好み焼きのバリエーションに悩むところですが、それ以上に気になったのがせんじがら。

八昌 談-04
鉄板で温められてから目の前に登場したのは、ホルモンを油で揚げて乾燥させたもの。元々、肉の加工場が多い広島ならではの一品です。かなりハードな食感が口の中で柔らかくなるに連れて、独特な風味と共にお肉の旨みが少しずつ滲みだしてきます。長持ちするおつまみとしての機能性と食文化の融合が堪能できる、見つけたらオススメなアイテムです。

八昌 談-03
その間に、注文したお好み焼きが少しずつ完成に近づいてきました。薄く生地を伸ばし、焼けたところにキャベツを山盛りに重ね、ひっくり返したら傍らでそばを焼く。やっぱり鉄板料理は作られるまでの動き自体が、上等な前菜です。

八昌 談-05
たっぷりのネギが盛られてできあがり。注文した組み合わせは豚とイカ天の組み合わせ。焼きたて熱々、ソースの焼ける香りを浴びながら、一口頬張れば、これこれこれこれ!と、望んでいた美味しさにたどり着いた喜びに満たされます。

八昌 談-02
そこに合わせたドリンクは、カープ応援カクテルのラインナップの中から、ラッキー鯉ボール。

八昌 談-07
オタフクソースの容器と一緒に撮れば、広島で食べて飲んでます感が増幅される組み合わせです。

八昌 談-06
団体客さんが来たところで、鉄板にズラッと並ぶお好み焼きのベストナイン。ラインダンスの振り付けのように同じ動きで次々と作られていく姿を見ながらお店を後にします。

八昌 談-10
ホテルまでの帰り道、新幹線の車窓で見つけたローソンに立ち寄ると、圧巻の赤づくし。やっぱり、鉄板と共に熱く燃える街です。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-中国地方, 鉄板/粉もん料理, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.