広島県広島市・43(キャラントトロワ)色とりどりの朝

 

Pocket
LINEで送る

141014-07広島で朝ごはん。普段から宿泊プランを朝食付きにすることが少ないこともあって、自然と朝から営業しているカフェに足が向きます。

141014-06京橋川と猿俣川との分岐点を臨むホテルの一角、白くペイントされたボードの空間が、曇り空の街にふわっとした明るさを差し込んでいます。

141014-05入口のメニューにはモーニングセットの文字。

ドリンクとヨーグルト、そしてフレッシュフルーツの組み合わせが寝起きのぼーっとした感覚を引き締めて、主役のサンドイッチのバリエーションが、食欲のスイッチをONにします。

141014-04店内でサンドイッチを注文したら、ドリンクコーナーで気分に合った飲み物をカップに注いで、お気に入りの席を見つけたら、自分だけの朝時間がスタートします。

141014-01注文したのは、自家製ジュレとバターサンド。

シングルオリジンのコーヒーと共に、バターのコクとジュレの甘みをハリのあるパン越しに味わいながら、ゆったり流れる川や、対照的に動き出す車や人の動きを見ると、旅先の朝って本当にいいなぁと感じます。

141014-03バゲットサンドは250円で単品注文もできるシステム。ということで、鴨ハムラズベリーのサンドイッチで、甘口指向からシフトチェンジ。二杯目のドリンクをフレーバーティーにして、カープカラーっぽくコーディネートしてみました。

コショウの刺激で際立つ鴨の旨味とベリーの酸味から、三次市で作られた安瀬平ヨーグルト、そして柑橘の香り。ゆったりと普段よりも時間をかけて朝ごはんを楽しみます。

選べるサンドイッチに、選べるドリンク。晴れの日も雲の日も、連泊すれば朝がもっと楽しくなる。こんなサービスのあるホテルなら、無条件で泊まりたくなっちゃいます。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。