山口県萩市・「花燃ゆ」の舞台を訪れるなら、まずは巡って遊んで食べておきたい10のチェックポイント その2/笠山山頂園地

   2014/12/23

Pocket
LINEで送る

笠山山頂園地-01
萩しーまーとから海沿いの道を車で走ることおよそ10分。

天然の水族館と呼ばれる明神池の横を通り、少しずつ道に勾配がつき始めたと感じたなら、そこが笠山の入口です。駐車場に車を停めて階段を上れば、広い空に向かって力強く伸びる松の木が出迎えてくれます。

萩から下関までの間90キロに及ぶ海岸線、北長門海岸国定公園の中心に位置する笠山は、実は東洋一小さな火山という顔も持っています。元々、萩の土台は約1億年以上前の火山の噴火によって作られたもの。アジア大陸だったころの噴火から始まって、両足で立つこの場所が生まれたのです。

笠山山頂園地-02
この笠山の歩き方を一言でまとめれば「上か下か」。階段を登った先にある展望台で山頂よりも高い地点から景色を見下ろせば、

笠山山頂園地-03
眼前に広がるのはどこまでも続く青い空と、萩の六島と呼ばれる島々の姿。流れる風を深呼吸して取り込んでみたり。

笠山山頂園地-04
展望台の端から端まで移動するだけで、海と山が織りなす景色はその姿をガラっと変えて、太陽の光がスポットライトのように島の姿を照らします。

笠山山頂園地-05
海風を浴びながら、かつて陸続きだった場所の名残をまぶたに焼き付けたら、今度は下に向かいます。

笠山山頂園地-06
実は、この階段の先にあるのは噴火口。一段一段と階段を降りるごとに、辺りの空気も少しひんやりとしてきました。

笠山山頂園地-07
大きな口を広げる噴火の跡、深さ30米の底の様子は残念ながら網があるので見られませんが、不思議なほどに大地の力を感じることができます。

時間にすると20分程度で見られるのですが、そこに待つのは1億年分のロマン。萩の展望台と言えば、三角州が一望できる田床山の山頂展望台が有名ですが、こちらもオススメです!

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。