要町・讃岐うどん河野 かけうどん+天ぷら2種(350+200円)

 

Pocket
LINEで送る

150129-03
ある日、池袋西口から要町の駅方面に向かう道すがら、大きな木看板に「四国名産 讃岐うどん」の文字を見つけました。

150129-02
そのお店に惹かれたのには色々な理由が。池袋で唯一本場の味という触れ込みだったり、

150129-04
店頭のメニューに書かれた値段だったり、あるいは立教大学の学生さんは50円引き。という気っ風の良さもあるのですが、

150129-05
かなり大きかったのは、看板猫が可愛かったから。猫舌が喜ぶうどんなんて旨いに決まってます。ビバ猫イラスト。

ドアの先にはカウンター席と小さなテーブル席一組があり、レジで注文しながらトッピングの天ぷらやおむすびを選ぶ。そんな流れです。
注文したのは、かけうどん。あとはお楽しみの天ぷら選び。かき揚げやコロッケにも触手が伸びつつ、やっぱり定番なちくわ天。そしてゲソ天を合わせてみました。

150129-01
一口お出汁を口に運べば、圧倒的ないりこの旨味と風味。上品でキレのある旨味がぎっしり詰まって、うどんを一口すする前に丼が干からびてしまうのではという具合。

なんと言いますか、舞台は香川の伊吹島、主役はいりこ、助演もいりこ。丁寧な下仕事で制作を指揮するご主人の技によって、伊吹島のロードムービーが展開されていきます。

もちろん、うどんを啜ればいりこの香りが滝登りのごとく鼻孔に辿り着き、大ぶりなちくわ天やゲソ天の食べ応えも申し分なし。
衣に出汁をじゅんわり含ませれば、フワッと軽い口当たりからいりこの出汁がじゅんわりと。この感覚がたまりません。

飲み飽きない出汁、ずっと口にしていたい出汁。次は他のいりこメニューと合わせて、いりこ尽くしといきたいところです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。