柴又・喫茶セピア 赤ウインナーとこんがりホットケーキ。

 

Pocket
LINEで送る

150111-01
葛飾柴又、帝釈天に向かって伸びる参道の人だかり。最寄りの柴又駅のほど近く、線路沿いに見つけたセピアというお店。

レトロな外観と食器や玩具が所狭しと飾られた店内、昭和レトロの風情が残る喫茶店のメニューを見れば、ドライカレーやナポリタンといったカタカナ洋食の文字が踊ります。

おまちどうさまの声と共に運ばれて来たこれらの料理には、アイキャッチとして赤いタコさんウィンナーの姿。

150111-02
寝ているのではなく、ピラフやナポリタンの上ですくっと立つ姿。

その勇姿にほれぼれしちゃうのは赤ウィンナーだからこそ。世界で初めてウィンナーでタコを作った方は、間違いなく偉人だと思うんです。

150111-03
自分が頼んだ生姜焼き定食にも、しっかりとタコの姿。シャキシャキの玉ねぎと逞しき豚肉の噛み応え。ショウガが効いたタレと昔のままな缶に入ったふりかけ「旅行の友」が、ご飯をがっつり進めます。

150111-04
食後の珈琲に添えられたフィンガーチョコ。昔、家で食べた時には目をつぶって袋に手を入れて、持った一本が金か銀かでちょっと盛り上がったりもしたものです。

150111-05
そして、このお店の名物がこの「ちびくろさんぼのホットケーキ」。

1枚から注文できるのですが、メニューには100段以上注文した場合の金額が書いてあって、「そんな人いるのか!?」と訊ねたところ、5段ぐらいが一番多いですね。とのことでした。

生地の温度でバターが少しずつ溶けるところに、蜂蜜をしっとり注げば、ふんわり広がる甘い香り。フワフワと軽い口当たりの中にハリのある食感。

150111-06
半分ぐらい食べたところで、お店の方からサービスホイップ。

折り返し地点を過ぎると、食べ納めに向かう一口一口が少しずつ寂しくなるものですが、これなら最後の一口まで嬉しくなります。

柴又と言えば寅さん。つまりは人情の町。色々なやさしさが施されたお店で過ごした時間の印象が、街の記憶を一層深いものとしてくれます。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。