人形町・喫茶去快生軒 ブレンドコーヒー

 

Pocket
LINEで送る

喫茶去快生軒-01
行列を経てたい焼きを食べたその足は、少し立ち疲れたこともあって、椅子と暖を求めていました。

そんな気分で向かった先は一軒の喫茶店。レトロなフォントで描かれた人形町、喫茶去、快生軒、そして創業大正八年の文字。少しずつ離れて描かれている姿は、どことなく麻雀の面子のように見えたりもします。

ドアを開ければ、色々な形で配置された赤いソファーとテーブル席。いわゆる高級店の気高さとは違った形でゴージャスな雰囲気を感じるのは、モダンな内装と日々が培ってきた風格によるものなんでしょう。

メニューを見れば、真っ先に飛び込んできたのはブレンドコーヒーの文字。そうなんです、こういうのを飲みたかったんです。

喫茶去快生軒-02
酸味とコクが共にしっかり目に出た一杯は、いかにも昔から愛されてきたブレンドの味。時間に急かされることなくゆっくりと寛げる環境の中で、最後まで同じトーンで飲みごたえがあると嬉しいものです。

ところで、店名の前にある「喫茶去」という言葉は、禅語で「お茶でもどうぞ」という意味なんだそうです。

作家の向田邦子が常連だったというこのお店、多くの作品を生み出し続けた心と身体も、そんな包み込むような気持ちで癒されたんでしょうね。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。