蓮根・珈琲はすね 生姜焼き定食(750+200円)

   2015/05/03

Pocket
LINEで送る

150219-01
目黒から西高島平までの26.5キロを結ぶ都営三田線。昭和43年に開通した路線は、23区内を東に弧を描くように膨らみつつ南北に走り、15の路線と接続します。

この路線の中で特に駅が多いのが板橋区。新板橋から終点の西高島平までに11駅がこのエリアに点在しています。
その一つが蓮根駅。「れんこん」と入力して変換ボタンを押したくなるのはさておき、駅を降りて北の方角に足を向けると、すぐに目に入ってくるのが一軒の喫茶店。

駅名と住所がそのまま店名となった喫茶店、朝はモーニングメニューを提供し、夜は燻製バーとしての顔も持っています。
でも、個人的なメインはランチタイム。名物のオムライスを初めとした色々なメニューの中から選んだ生姜焼き定食は、濃厚なタレとジンジャーの刺激がしっかり絡んだ柔らかな豚肉に、ごはんは止まらず千切りキャベツも止まりません。

150219-02
そして、そんなお店の名物はこの看板犬。食べていると足元を駆け抜けたり、顔見知りの常連さんが来たら足元で甘えたりと、お昼休みのくつろぎに癒やし成分をプラスしてくれます。

150219-03
ランチに200円を追加すれば食後の珈琲も。喫茶店やカフェがあまり多くない駅ですが、足蹴く通う理由があるお店があれば、不思議と心強さを感じるものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly