【まとめ】南池袋に2年間住んでいた自分が「あぁ、このお店が近くにあってよかったなぁ…」と思ったお店7選

   2017/09/16

Pocket
LINEで送る

150329-03
1ヶ月以上ご無沙汰してしまいました。

実は3月上旬に都内某所に引っ越したのですが、
今もなお片付けが終わらず、いくつかの開かずのダンボールに囲まれた生活を送る今日このごろです。

ところで、引っ越すまでの約2年間、住んでいたのが池袋。
今年も住みたい街ランキングのベスト10入りを果たした、
人気の街となっています。

特に、明治通りを早稲田方面に向かった南池袋界隈。
繁華街の喧騒から一歩離れた立地で、しかも副都心線の雑司が谷や都電の鬼子母神前駅も徒歩圏内。

デパートや大型書店が立ち並ぶ、
いわば大きなショッピングモールに隣接した住宅地は、
生活に関する圧倒的な利便性を有するエリアでした。

そんな環境ゆえ、もちろん美味しいお店に事欠くことはありません。
A-pizzaというワンコインピザの先駆けとなったお店があったのも、
このエリアを選んだ理由の一つでした。

ということで、引っ越してから一ヶ月経過したからこそ感じる、
「あぁ、このお店が家の近くにあってよかったなぁ…」と思えるお店を7つ選んでみました。

■鶏の魅力をまるごといただきます!「サンダーバード」

サンダーバード-01
南池袋に引っ越してきて、一番最初にお世話になったのがこのお店。
佐賀県の地鶏・ありた鶏と広島産レモンが2大看板の鶏料理のお店です。

サンダーバード-02
お通しのレバーペーストから始まって、

サンダーバード-03
鶏皮ポン酢に、

サンダーバード-04
もも焼きに、

サンダーバード-05
鶏ハム。

サンダーバード-06
そしてやっぱり欠かせない唐揚げ、

サンダーバード-07
途中にバーニャカウダを挟んでの、

サンダーバード-08
〆の鶏ラーメン。

毎週のように新メニューやキャンペーンを展開していたこともあって、多い時には月2ペースで通って、
メニューの中から未食の料理をピックアップしては注文し、広島産レモンがたっぷり入ったサワーでさっぱりと口を洗い流す。
そんな時期がありました。

今は、鳥をふんだんに使った餃子を推しているので、
店頭に掲げられた看板も、少し模様替えしていますが、
何を食べても、安定した美味しさを提供してくれることには変わりません。

■最後の一滴まで食べ心地のいいラーメン屋さん。「浮浪雲」

浮浪雲-01
ラーメン激戦区として名高い池袋ですが、明治通り界隈にはさほどラーメン店が多くなく、自然と足が向いていたのがこのお店。
基本の鶏白湯に、つけ麺、中華そば。そしてシーズン限定のメニューが4本柱。

ある日訪れてみると、80年代のポスターデザインてきな味わいが主張するNIBOSIの文字。
レギュラーメニューの中華そばが圧倒的な煮干しの香りをまとって限定メニューになっていました。

浮浪雲-02
澄んだ色合いのスープを口に運べば、見た目から想像できない濃厚な青魚エキスが、勢いよく舌の上を泳ぎまわります。

いわゆる外食系のラーメンは、少し味にエッジが効きすぎているなぁ…と感じることがあって、それゆえ食べ飽きることもあるものです。

でも、ここはこだわりの素材で仕立てた普段着のような感じ。気がつけば最後の一滴までスープを飲み干す。そんな記憶は数知れず。
なので普段使いに丁度いい。そんな感じのお店でした。

■ここのカウンター席が好きです。「GOCHHI’S」

GOCHHI'S-01
都電の線路に向かって進むあずま通り。ここを一本右手に曲がると見えるのが、表のカウンター席が目印のお店。

GOCHHI'S-02
ワイン食堂と銘打っているだけあって、メニューはワインとの相性が計算されつつ、お客さんの気分でなんでもござれ。
そんなラインナップになっています。

GOCHHI'S-03
白身魚のカルパッチョで、さっぱりとスタートしたら、

GOCHHI'S-04
名物のソーセージで肉汁を補給。

GOCHHI'S-05
黒酢の酢豚でさっぱり系の肉エキスを取り込んだところで、

GOCHHI'S-06
ヤリイカのフリットの軽快な歯ざわりと弾力でアクセント。

GOCHHI'S-07
〆はあさりのボンゴレを。

フードのレベルが高いので、ワインが苦手な方でも満足すること間違いなしのこのお店。
使い勝手の良さは、カウンター席の賑わいと満席率の高さに集約されています。

■界隈随一の日本酒ラインナップとしめ鯖。「升三」

升三-01
明治通りから、西武池袋線の線路沿い方面に向かう先にあるのがこの居酒屋です。

メニューを見れば、圧倒的な日本酒の品揃えに唸ってしまいます。

升三-02
ある日、お通し的に出してもらったのが、めかぶの梅肉和えと春菊のおひたし。
ここにポテトサラダも注文し、特に豊富に揃う秋田の地酒からブルーハワイで一献。

升三-03
やっぱり、居酒屋さんでスジ煮込みの文字を見つけたら注文必須です。

升三-04
真黄色しただし巻き卵。

升三-05
そしてさつまあげ。イカや魚のミンチの粗びき食感を堪能するには、
九州の甘い醤油がベストマッチ。酒の肴に一筋の甘さが効きます。

升三-06
そして、あくる日の夜。お通しのひじきをつまんだ後は、

升三-07
お店の十八番・しめ鯖の脂にうっとり。数が少ないので予約がオススメです。

升三-08
サクサクジューシーな唐揚げに、

升三-09
煮汁色に染まった豆腐が添えられる煮魚。ふんわりした口当たりと、ふわふわの身に宿った切れ味ある旨味のハーモニー。

升三-10
メヒカリの唐揚げもラインナップされています。

升三-11
そして、イチオシなのが刈穂をちびちび飲みながらの、

升三-12
いぶりがっこクリームチーズの組み合わせ。あぁ…たまりません。
十年前は下戸だったのですが、今やすっかり飲兵衛です。

ちなみに、昨年テレビ東京系の番組でここのランチが紹介されていましたが、現在はお休み中。
ディナータイムのみの営業となっています。

■小麦粉の歳時記が楽しめる小さなカフェ。「うぐいすと穀雨」

うぐいすと穀雨-01
今年の2月にオープンして以来、本当に毎週通ったベーカリーカフェです。
焼窯のごとく店主が熱く胸に抱くパンへの思いが、トレイにギュッと凝縮されています。

毎月のように新メニューが登場するのもポイント。ある日は鳥の顔をしたケーキ、またある時は桜あんぱん。
お店を訪れる度に、小麦粉を通じて描かれた歳時記が楽しめます。

うぐいすと穀雨-02
はたまたある日のケーキセットは、シナモン香るアップルパイ。

うぐいすと穀雨-03
そして、最近は店内でボサノバのコンサートも催されたり。

今までこの界隈ににありそうでなかったカフェは、
コミュニティの中心になりつつあります。

■ここで食べればいつでも肉の日。「ミートバルBON」

ミートバルBON-01
そして、洋食堂の跡地に去年オープンしたミートバル。
「がっつりお肉が食べたい!」という感じに、ミートスイッチが入った時にはここに行きます。

ミートバルBON-02
前菜三種盛りとサラダで徐々に胃袋を温めたところで、

ミートバルBON-03
赤きエキスがほとばしるハラミステーキを注文するのが、いつもの流れ。

ミートバルBON-04
そして、フォーが欠かせません。

■牛タンはここ、ここが一番!「多津よし」

多津よし-01
最後は南池袋からは少し歩きますが、東池袋にある牛タン専門のこのお店。

多津よし-02
夜でも注文するのは定食的な牛タンセット。肉質の違いで値段の違いがありますが、やっぱり上がおすすめ。

多津よし-03
表面の固い部分を取り除き、丁寧に熟成させた牛タンは、歯ざわりサックリ、エキスはじゅんわり。
見た目のサイズから押し寄せるインパクトは圧倒的。

また、卵と混ぜ合わせたとろろをたっぷりかければ、ごはんが止まることはありません。
なので、おかわり必須、2杯は確実です。

多種多彩の精鋭がそろったこのエリア。
もちろん、他にも美味しいお店が目白押し。
ということで、食を重視した生活をするには最高の環境なのですが、

150329-01
都電に乗って咲き誇る神田川の桜を見に行くにも、最高の環境。
かけがえのない2年間の記憶をプレゼントしてくれたこの街は、やっぱり素敵です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly