有楽町・慶楽 スープチャーハン(1,030円)

   2015/05/03

Pocket
LINEで送る

慶楽-01

ピンク色に彩られた桜の木が眩しい緑色に染まる季節なのに、こんなに肌寒い日が訪れるとは…
ということで、身体を温めるために向かった先は慶楽。

メニューを一通り眺めつつも、注文したのは初志貫徹のスープチャーハン。
なみなみ注がれた上湯に浸かったところをレンゲで掬えば、湯気がうっすらとメガネを覆い、
舌に触れれば熱気が全身を温めます。

香ばしく炒められたお米の表面を、しっとり覆うスープのまろやかなコクが、
卵やチャーシューの味わいも一層深いものに。

彩りを添える3尾のエビでメリハリをつつレンゲを動かせば、スープが先か米が先かのペースで器の底が見えてきます。
そして、最後の一口は1尾残したエビと共に。

丁寧に組み立てられた味のバランスを、肩肘張らずに味わえるこの一品は、やっぱり名作だと思います。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly