秋葉原・むぎとオリーブ トリプルSOBAとライス(980+100円)

   2015/05/03

Pocket
LINEで送る

むぎとオリーブ-01
去年の2月に、銀座の路地裏で見つけた「むぎとオリーブ」。
醤油の深い色味や鶏節の香り、そしてオリーブオイル。
独特なカラーを持った鶏そばの記憶がある中で、万世橋のmAAch ecuteに支店を見つけたのは最近のことでした。

むぎとオリーブ-02
メニューを見れば、鶏SOBAはもちろん、蛤SOBA、そして2種類のスープに煮干しを合わせたトリプルSOBAの姿も。
となれば、未食の二択になるのですが、煮干しの文字に惹かれてライスと共にトリプルを注文しました。

むぎとオリーブ-03
運ばれてきた器の中には、低温調理された鶏チャーシューに、たっぷりの蛤。
これに加えて、長芋の素揚げや緑鮮やかな三つ葉、結びかまぼこの素揚げといった面々。
特製にしなくても大満足のトッピングです。

まずはスープを一口。ニボニボした感じでなければ、鶏の丸みのある旨味が前に出る感じでもありません。
一番強く感じたのは蛤の出汁だったのですが、それでも主張というよりは確かに存在を感じさせるといった立ち位置。
3種類の旨味を特製醤油のかえしが指揮した、トロイカ体制が整っています。

そして、麺を啜れば切れ味あるしなやかな口当たりとハリは相変わらず。
クミクミとした歯ざわりがテンポを生んで、具を食べるリズムが刻まれます。
合間合間にライスを食べる機会を逸してしまったのは、きっとこの流れあってこそなんでしょう。

7割がたの麺が姿を消したあたりで、塩昆布が乗ったごはんを一口二口。
色々な旨味が楽しめるこの構成、なんだか面白いものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly