池袋・うぐいすと穀雨 艷やかなコーヒーゼリーと、鮮やかなビスコッティ

 

Pocket
LINEで送る

うぐいすと穀雨-01

毎週のように、新しいメニューをリリースするこのお店。
FBページを見る度に、味を想像して楽しんでいます。

で、ある日の記事に姿を現したのがコーヒーゼリー。
不思議と、ゼリーやプリンの類は「食べたい!」の瞬発力を高めるようで、
速やかにお店に向かったのでした。

ガラスの器にたっぷりと入ったその姿は、温かな店内の灯りを浴びて艷やかに輝いています。

ところで、自分的にゼリーを食べる時に楽しみなのが弾力予想。

スプーンで掬えば弾けてしまいそうな繊細系と、一口大にスプーンで切って食べる感じのしっかり系。
口の温度でとろけるまでの間に、舌触りとして楽しませてくれるこの感触。
どちらのタイプも大好きなのですが、どちらのタイプで来るかを勝手に予想します。

ゆっくりとスプーンを当てれば、しっかり系の感触。
口の中に運び、温度で少しずつ溶け出すに連れて、珈琲の香りが広がります。

ここに組み合わせるのはメイプルシロップ。
重たいタッチではなく軽く滑らかに全体をコーティングして、珈琲の香りと楓の風味がすっと馴染んで、口の中でゼリーが溶け出すと共に生まれる一体感。
そして消える瞬間に舌に残る余韻。たまりません。

で、もう一品いただいたのがビスコッティ。
生地に輝く鮮やかなベリーの姿、珈琲に浸して食べればベリーの香りと酸味が、優しい甘さをキュっと引き締めて、大好きな珈琲が一層美味しく感じる魔法のコンビネーション。

もちろん、これをテイクアウトして、家で淹れた珈琲と共に楽しむこともできますが、窓から見える明治通り沿いの風景と共に食べるのが流儀。
そんな気がしてなりません。

やっぱり、ここで過ごす時間は至福のもの。
次のメニューリリースが楽しみです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly