銀座・レストラン早川 オムライス(800円)

 

Pocket
LINEで送る

150611-01

銀座、午前11:30。

ナイルレストランの店頭に連なっていた行列が、ドアの奥に吸い込まれ始めるのと同じタイミングで、レストラン早川のショーケースに掛けられたカバーが外され、ガラス戸が開きます。

2人がけ、4人がけ、6人がけ。3種類のテーブルが4人ぐらいのお客さんによって贅沢な埋まり方をする一回転目。メニューの中からオムライスを選んで、厨房から聞こえる調理音をBGMにしばし待つことに。

150611-02

オムライスと耳にすれば、40台近くの世代なら誰もが頭に思い浮かべる流線型のフォルム。

窓から差し込む光を浴びて輝く薄焼き卵が包みこむのは、赤ハムと玉ねぎたっぷりのケチャップライス。

中盤ぐらいまで食べればジワリジワリとお腹が膨らんで、最後の一口を終えてオレンジを頬張りながら「やっぱりこれでよかった」と振り返ります。

豊富なメニューに目移りしつつ、これを選んだ自分をほんの少しだけ褒め称えたくなるのは、この満足感が好きだからなんでしょう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly