阿倍野・あべのハルカスの展望台に登ったら、パインアメソフトとあべのプリンが出迎えてくれました。

 

Pocket
LINEで送る

150530-05
オープンしてからもう1年半近くになりますが、あべのハルカスの展望台に登ってみました。

チケットの行列に約10分、エレベーターに乗るまでに10分弱、高度300メートルに到着するのに45秒。そして、高度表示の数字が大きくなっていきながら空に近づくドキドキ感は一生ものです。

150530-03
窓から望める景色には、大阪城に天王寺動物園、大阪ドームといった名物系が勢揃い。

150530-04
360度の回廊と吹き抜け空間が組み合わさったフロア構造なので、景色を見下ろす人を上から眺めるという面白い構図にも出会えます。

150530-06
で、ここに来た目的は景色だけではなくスイーツなんです。建物の高さを冠したカフェ、SKYGARDEN300で売っているのは…

150530-09
大阪生まれのロングセラー・パインアメフレーバーのソフトクリームと、あべのプリン。もちろん、両方いただきます。

150530-07
黄色いクリームの塔を上から征服すれば、これぞ真っ当なパインアメ味。コーンの包装紙も味わい深く細部へのこだわりを感じます。やっぱり、このフォントいいですよね…

150530-08
そして、あべのプリンは天空に浮かぶ雲をモチーフとしたマシュマロに、展望台のキャラクター「あべのべあ」のなんとも言えない表情。食べている最中、ずっと視線は釘付けでした。

最初はこの展望台に行くかどうか少しだけ迷ったのですが、景色とスイーツの組み合わせを堪能したら、それこそ天に登ったような気分に。次は夜景と共にパインアメソフトを食べたいものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly