青森県青森市・「西中華そば店」の濃い中華そばは、色々な意味で濃く深い!

   2017/09/16

Pocket
LINEで送る

西中華そば店-01
自分にとって煮干しエキスを体内に取り込むことは帰省の目的の一つ。

ここ数年で東京にも煮干しラーメンの評判店が数多く誕生していますが、やっぱり本場で食べる味は格別です。

長尾やひらこ屋、そして田むら。青森を代表する煮干しラーメンの名店であれば、どこで補給しても、体内のニボメーターのゲージはマックスになるのですが、同じようにゲージを満たしたい人で、駐車場はぎっしり埋まっています。

ということで、「ここは旨い!」情報を小耳に挟んでいたお店で、2015年のニボ納めをしてきました。

西中華そば店-02
青森商工会議所のほど近く、ラーメン店が数多く立地する激戦区の中に、去年オープンしたばかりの西中華そば店。

店内に入れば、カウンター右手にはカウンター席。左手には座敷席。

調理過程を砂かぶりの席のごとく楽しみたい時にはカウンター席、冬場の雪が冷やした足をリラックスさせるには座敷席がおすすめといった感じです。

西中華そば店-03
メニューラインナップは、中華そばと濃い中華そば。そしてつけ麺。

この3本柱に加えて、夜限定の辛いつけ麺が抑えのポジションに入っています。また、壁に踊る辛子ザーサイごはんの文字にも引き寄せられます。また、お会計時に駐車券を提示すると100円引きになるサービスもうれしいところです。

で、身体が欲するのは濃厚系。ということで、濃い中華そばを注文しました。

西中華そば店-04
煮干しラーメンのアイキャッチ、たっぷり盛られた色鮮やかな長ネギを囲むように2種類のチャーシューが取り囲みます。

この時点で麺があまり見えないのですが、これでも普通のラーメン。チャーシュー多めで注文したわけではありません。ビバ、チャーシュー。

キラ星のように煮干の銀色が輝くスープを一口飲めば、圧倒的な煮干しの旨味が広がります。

少しとろっとした口当たりのスープがしっかり絡んだ麺は自家製麺の幅広タイプ。

16:9のハイビジョン対応サイズな感じの面積に、旨味がしっかりと馴染んでいるので、すすり初めからすすり終わりまで一定の濃度で楽しめるのがいい感じです。

ロースともも肉のチャーシューも、煮干しラーメンとの相性がしっかり計算されたタイプ。脂の甘さがほしい時もあるんです、赤身の旨味がほしい時もあるんです。その両方に応えてくれる作りこみ感がたまりません。

ということで、あとは勢いのまま器が冷める前に完食しちゃいました。

ところで、ちょっと気になっていたのが店名のこと。このお店のある場所は青森の街中でも中央とされる場所。中央大橋も近いんです。

それなのに、なぜ西中華そば店なのか。ご主人に尋ねたところ「西中卒業なんです。」とのこと。母校愛も垣間見えるこのお店の煮干し愛を、普通の中華そばやつけ麺でも味わいたいものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly