青森県青森市・「まるなお」で食べる、心と身体が温まるちゃんぽんうどん。

 

Pocket
LINEで送る

151231-03
去年の12月のこと。静寂に包まれた青森県立美術館の案内板に、「長期休館」のポスターがくっきりと浮かび上がっていました。

9月から施設の天井補強工事を始めとしたリニューアルが施されていたのです。

151231-02
そんな県美も、いよいよ明日から再オープン。白い静寂に包まれていたこの一帯に、人の訪れと共に新しい春がやってきます。

151229-18
さて、そんな美術館を楽しんだ後に訪れたいのが、車で約10分ほどにある三内小学校通り。青森市内の中でも旨いもの偏差値が高い名店が並ぶエリアです。

浜寿司やふくし食堂といった主役がひしめく中、お腹が呼んでいたのは、手打ちうどんの暖簾が目印のまるなお。

建物裏手の駐車スペースに車を停めて、ドアを開ければ座敷席もテーブル席もカウンター席もほぼ満席。家族連れにもお一人様にも愛されているお店です。

151229-16
メニューをじっと眺める中で、やはり寒い時期には「温」の文字が心に染みます。

151229-17
一方、裏返すとそこには鍋物類とごはん類。まだ雪が降り止まない時期だったので、なべ焼きうどんやうどん雑炊で身体を温めるのもいいなぁと。

そんなメニューの中で気になったのは「ちゃんぽん」の文字。この日は、うどんでちゃんぽんという組み合わせが、うどん雑炊の魅力を上回りました。

151229-15
運ばれてきたのは大きな器。白菜やにんじん、タケノコといった野菜や、ピンクのなるとが目を惹きます。

とろみがかったおつゆに溶けこむ、香り豊かな優しいお出汁。一口飲めばあっという間に心に染み渡ります。

そんな旨みの泉の中からうどんを引き上げズッとすすれば、滑らかな口当たりと適度な弾力の歯ざわりに微笑みが浮かびます。

野菜の歯ざわりや練り物の弾力を楽しみつつ、すする喜びを愉しめば、じんわりと汗も滴りますがここはアツアツ優先主義。気にしないでいきましょう。

全身に出汁が行き渡った身体になっているころには、もうお腹一杯。その美味しさに「次に来た時はどのメニューにしよう…?」と思ったら、それはもう、まるなおを極めるスタート地点に立ったということです。

リニューアルした県美で心を満たし、食でお腹を満たしたら、食後にはすぐ近くにある「出町温泉」で汗を流す。きっと、最高の一日です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly